アット・ニフティ ロゴ キッズ@nifty

食育・たべもの
トップへもどる
まえへもどる
有償サイト
アット・ニフティの他のページ
キッズ@niftyの外

「たべもの」を大切にするためにできること

毎日の生活の中で「たべもの」を大切にするために、私たちがカンタンにできることを集めてみました。今日からお手つだいをしながらちょうせん!

提供:ベターホーム協会

■すてないで!まだつかえるよ

すててしまえばただのゴミ。その前に、もうひとはたらきさせましょう。天然(てんねん)のにおい消し、よごれおとしとして役に立ちます。

  1. レモン

  2. コーヒーかす

  3. 茶がら

  4. くだものの皮:紅茶(こうちゃ)に入れる

  1. くだものの皮:カラカラにかわかして、おふろに入れる

  2. 野菜(やさい)の皮:シンクのよごれ落としに

  3. 野菜(やさい)の皮:その場でさっと

ページの一番上に

■すてないで!まだ食べられるよ

これまですぐにすてていたものを見直してみましょう。 たべられるところがたくさんあるはずです。 はんぱにのこってムダにしていたものも、おいしく食べる工夫(くふう)をしましょう。

  1. ジャム・ヨーグルト

  2. すりごま

  3. あげ物でのこった小麦粉(こむぎこ)や卵(たまご)

ページの一番上に

■大切にしよう!水・ガス・電気

ムダにしたくない大切な資源(しげん)。ちょっとの心がけで、効率(こうりつ)よく使うことができます。省(しょう)エネになるのはもちろん、「台所の下は魚のすみか」といえるほど、環境(かんきょう)とも深くかかわっています。 調理中、あとかたづけのとき、できることからはじめてみましょう。

  1. お湯をわかすときはふたをしよう

  2. ナベの大きさは材料(ざいりょう)に合わせて

  3. 火にかける前、水をふきとる

  4. (ほのお)の大きさを目で確認(かくにん)しよう

  1. よごれはふきとってから、あらおう

  2. つけおきで、よごれをゆるませよう

  3. 洗剤(せんざい)は使いすぎない

  4. 水や湯だけでも落ちます

ページの一番上に


たべものけいじばん

みんなは「たべもの」をたいせつにするために、どんなことをしているかな?たべものを残(の)こさず食べれば、ゴミもでないので地球(ちきゅう)のためにもなるよね。得意(とくい)なお料理(りょうり)や、いろんなたべものアイデアも聞かせてね!

→たべものけいじばん


おうちの方へ 〜出版物紹介〜キッズ@niftyの外有償サイト

提供:ベターホーム協会

ベターホーム協会ロゴ
大切な食べものを無駄にしない読本 疑問すっきり・食品保存マニュアル 【大切な食べ物を無駄にしない本 〜疑問マニュアル】

肉、魚、野菜、調味料、乳製品などの保存方法など、ベターホーム協会ならではのノウハウを、マニュアル形式にまとめました。
続・大切な食べものを無駄にしない読本 食べものを捨てない調理マニュアル 【続・大切な食べ物を無駄にしない読本 食べ物を捨てない調理マニュアル】

食べものを捨てないワザ、 残りがちな食材や、調味料を使い切るためのアイデアやレシピが満載です!

トップへもどる
まえへもどる
ページの一番上に

お問い合わせ
(c)NIFTY Corporation