アット・ニフティ ロゴ キッズ@nifty


ホタル特集 まえへもどる トップへもどる
キッズ@niftyの外 アット・ニフティの他のページ 有償サイト マークのせつめい

ホタル基礎講座(きそこうざ)〜ホタルってどんな生き物?〜
ホタルは、昆虫(こんちゅう)のなかまで、せかいには およそ2000種(しゅ)、日本には46種ほどいます。
ほとんどのホタルは、陸(りく)で生活します。
また、よく光らないホタルが多い中で、ゲンジボタルとヘイケボタルは幼虫(ようちゅう)期を水中ですごし、卵(たまご)、幼虫、サナギ、成虫(せいちゅう)期と、一生発光しつづけるめずらしいホタルです。
とくに、ゲンジボタルは大きくて、南は鹿児島(かごしま)から北は青森の間にしかいない、とてもめずらしい、日本だけにいるホタルです。


ゲンジボタルの一生
ゲンジボタルの一生 ホタルは、きれいな自然(しぜん)の中でしか生活できません。
幼虫は、きれいな水中に住みます。
水の中では、いつも大小のカワニナ(幼虫のエサになる、まき貝)たくさん住んでいなければなりません。
その川岸では、しめりけのあるやわらかな土の中で、幼虫がサナギになります。
カビの発生する土では、成虫になれません。
植物のしげみでは、ホタルが体を休めたり、水を飲んだりします。
そして、水ぎわのコケに卵をうみます。

1.卵
大きさ0.5mm
6月ごろ川岸のコケに、メスが卵をうみます。1匹のメスがうむ数は、500〜1000こです。
たまご
2.幼虫
たまごは1ヶ月で幼虫になり、すぐに水中に入って生活をはじめます。3〜4月ごろ、6回目の脱皮(だっぴ)をして2.5cmの大きさになった幼虫は雨のふる夜、岸へあがり、やわらかい土の中に部屋をつくってもぐります。 幼虫

3.サナギ
土にもぐって40日後、サナギになります。10日たつと、カラをやぶって成虫が出てきます。 サナギ
4.成虫
土から出てきた成虫は光りながら、川岸をとび回ります。月明かりのない暗い夜、気温が高くて風のない、くもりの日によく見られます。 夜、発光しながらオスとメスが活動し、その後、メスは卵をうみます。 成虫



写真・取材協力(しゅざいきょうりょく):板橋区ホタル生態環境館(せいたいかんきょうかん)

ページの一番上に まえへもどる トップへもどる

お問い合わせ
(c)NIFTY Corporation