アット・ニフティ ロゴ キッズ@nifty

工作・手芸 まえへもどる トップへもどる
キッズ@niftyの外 アット・ニフティの他のページ 有償サイト マークのせつめい

 
作るときの注意 刃物の使い方 スーパーテクニック

クリスマスツリー

クリスマスツリーをどうしてかざるの?

クリスマスツリー



クリスマスには、どうしてクリスマスツリーをかざるんだろう?
それは、昔ドイツの教会で上演(じょうえん)したアダムとイブのステージ上で、もみの木にリンゴをぶら下げたのが、はじまりだっていわれているんだ。
今でも、クリスマスツリーに赤いキラキラした玉をぶら下げるのは、リンゴのかわりなんだって。

Get Adobe Reader
  • ※ページが開かないときや、プリントのほうほうが わからないときは、おうちの人に聞いてね!
  • ※おうちのプリンターや紙によっては、少し色がかわることもあるよ。
  • ※PDFファイルをみるためにはAdobe Readerが必要(ひつよう)になるよ。キッズ@niftyの外

  • ■保護者の方・教育関係の方へ■
    プリントデータのご利用条件、注意点について、は「キッズ@niftyコンテンツのご利用についてのご案内」を参考にしてください。


まずはこの2つを必ず読んでね!

作るときの注意 刃物の使い方

それじゃ、さっそく作ってみよう

さぁ、下のボタンをクリックしてみよう。

今から作るクリスマスツリーが、各(かく)パーツにばらばらになっているページが開くよ。
これをプリントして、はさみやカッターで切ったり、のりではったりすると、このページの上にある写真(しゃしん)のような、クリスマスツリーのペーパークラフトができるんだ。

※ページが開かなかったり、プリントの方法(ほうほう)が分からないときは、おうちの人に聞いてね!
※おうちのプリンターや紙によっては、写真(しゃしん)と色が変(か)わることもあるよ。



木の部分を作ろう!
木の部分を作ろう!
まず木を作って、ポットに植えよう。
木とポットは、それぞれ1つのパーツからなっているよ。
ポットの「ヌキ」と書いてあるところに木を差し込(さしこ)むから、先に切り取っておいてね。
 
木の部分を作ろう!


木をポットに差し込(さしこ)もう。
木は白い線が入っていない方を差し込(さしこ)んでね。
白い線は、あとで枝(えだ)をつけるときのしるしになるんだよ。
 
木の部分を作ろう!


後で、木に枝(えだ)やかざりをつけると、上の方が重くなってグラグラしちゃうから、ポットの中に、重りとなるものを入れておこう。
ここでは、厚紙(あつがみ)を細長く切って折りたたんだものを入れておいたよ。
重りを入れたら、ふたはしめておいてね。

枝(えだ)を作ろう!
枝(えだ)を作ろう!
(えだ)は3つのパーツからできているよ。
 
枝(えだ)を作ろう!


大きな枝(えだ)と中くらいの枝(えだ)には、木にのりづけするための、のりしろがついているよ。
先に左の写真のように、のりしろを立たせておいてね。
 
枝(えだ)を作ろう!


まずは、木の下の方から枝(えだ)をつけていこう。
(えだ)は、大きなものから順(じゅん)につけていってね。
最初(さいしょ)は、大きな枝(えだ)を、下の白い線にそってのりづけしていこう。
同じように、次は中くらいの枝(えだ)を、上の白い線にそってのりづけするんだよ。
 
枝(えだ)を作ろう!


ツリーの先につく星を作ろう。
星は切りぬいた後、点線にそって折(お)ってね。
のりしろが、たがいちがいについているから、のりをつけてから組み合わせ、かわくまでおさえておいてね。
かわくまでは、メンディングテープやマスキングテープをはっておくと便利(べんり)だよ。
 
枝(えだ)を作ろう!


小さい枝(えだ)を丸めてのりづけし、今作った星を差し込(さしこ)もう。
星がきれいにささったら、それを木にのりづけしよう。
これで、クリスマスツリーのベースは、完成(かんせい)だ。

きれいにかざりつけをしよう!
  きれいにかざりつけをしよう!
.かざりに使うパーツは、ちょっと多めに用意してあるから、みんなのすきなようにつけてね。
 
きれいにかざりつけをしよう!


まずは、星の下にリボンをつけます。
こっから先のかざりつけは、もうみんなの自由だよ。
世界に一つしかない、自分だけのオリジナルクリスマスツリーを作っちゃおう!

できあがり!!
クリスマスツリー

ページの一番上に まえへもどる トップへもどる

お問い合わせ
(c)2013 NIFTY Corporation