タイトル △が降る街
著者名 村崎羯諦
出版社 小学館文庫
あらすじ ファンタジー,ミステリー,ボーイズラブなどの沢山のジャンルが収録されている短編小説。この街では時々△が降る。△が降る日は,街には誰もいない。その△の招待は一体なんなのだろうか。
感想 色々なジャンルが短く沢山あるため,手軽に読むことが出来る。そのため、一つの作品を良く理解して話を進めていくことが出来る。普通じゃありえないようなネタや,驚きの発想力,村崎羯諦氏の個性の強さを伺うことの出来る本。その語彙も飛び抜けていて,とても勉強になる。
おススメ度 ★★★★★
紹介者 みこと(小学6年生)
一覧へもどる
?y?[?W??????