タイトル アオハル・ポイント
著者名 佐野徹夜
出版社 メディアワークス文庫
あらすじ 人には「ポイント」がある。ルックス、学力、コミュ力。あらゆる要素から決まる価値、点数に、誰もが左右されて生きている。人の頭上に浮かぶ数字。そんなポイントが、俺にはなぜか見え続けていた。  例えば、クラスで浮いてる春日唯のポイントは42。かなり低い。空気が読めず、友達もいない。そんな春日のポイントを上げるために、俺は彼女と関わることになり…。  上昇していく春日のポイントと、何も変わらないはずだった俺。これはそんな俺たちの、人生の〈分岐点〉の物語だ。
感想 リアルで面白いのに、最後は感動できる。読み終わった時に、心の中の何かが変わっているはず。
おススメ度 ★★★★★
紹介者 ぜろ(中学1年生)
一覧へもどる
?y?[?W??????