タイトル 青い鳥
著者名 重松清
出版社 新潮社
あらすじ いろいろな悩み(場面緘黙症の子、いじめの加害者になってしまった子、社会から見捨てられた子など)を抱える8人の人が、吃音で非常勤講師の『村内先生』に出会います。村内先生は、本当に大切なことだけしゃべるので、子どもたちは最初はうまくしゃべれないことをバカにしていても、だんだん心を開いていくようになります。こうして、再び生きる決心がついていく、というお話です。
感想 村内先生が、心から大切だと思うことをしゃべっている。その事実を確認できただけで、生きててよかったと思いました。みんなそれぞれ、悩みを持っていて、それに共感したりできるので、読書感想文が書きやすかったです(笑)重松さんが、本当に伝えたかったことは○○(ネタバレのため書きません)だったのではないかな〜と思っています。
おススメ度 ★★★★★
紹介者 ニフキズ大ファン(中学2年生)
一覧へもどる
?y?[?W??????