タイトル 夜に駆ける YOASOBI小説集
著者名 水上下波
出版社 双葉文庫
あらすじ 明日世界が終わる日をテーマにした、泣きあり笑いありの物語です。世界最後の日に奏と修也が出会い、この2人が音楽を通してお互いの関係を深めていきます。YOASOBIさんの楽曲「アンコール」の原作小説です。
感想 世界最後の日だから切ない物語だと思っていましたが、読んでみると温かい物語に感じました。どんな事があっても前向きに生きていく奏の姿に感動しました。短いお話なので、少し空いた時間に読めます。
おススメ度 ★★★★★
紹介者 くも。(小学5年生)
一覧へもどる
?y?[?W??????