タイトル 頭のうちどころが悪かった熊の話
著者名 安東みきえ
出版社 新潮文庫
あらすじ 頭を打ってすべてを忘れてしまった熊が探しはじめたのは、愛するパートナー、レディベアだった。彼女は乱暴だったけど、熊はそんな彼女に会いたかったのだーー動物世間のよもやま話に奇妙で不気味な現実がみえ隠れ、これって、私たちのこと?生き物世界の不条理がキュンと胸にしみる、シュールで痛快、スパイシーな7つの寓話集。
感想 考えれば考えるほど、読めば読むほど理解ができる。読書感想文にはとてもおすすめ。小学生でもわかる内容になっていて面白いです。
おススメ度 ★★★★
紹介者 ガルム(中学1年生)
一覧へもどる
?y?[?W??????