タイトル 親愛なるあなたへ
著者名 カンザキイオリ
出版社 河出書房新社
あらすじ 小説家を目指す春樹と高校デビューでバンドを始めた雪。それぞれ大きな苦しみを抱えて青春を過ごす。高校の卒業式。雪がとった衝撃の行動に思わず涙。この本の元になった「爆弾」そしてこの本のために作られた「偶像」を聴いてから読んでみるのもいいかもしれません。
感想 この本は「爆弾」という曲をもとにして作られた本です。最初に「爆弾」を聴いた時は少し切ない恋愛ものかなぁと思っていました。ですが実際に本を読むと最初から最後まで涙!。主人公2人の生き方や言葉にとても感動しました。恋愛ものというほど恋愛要素はありませんが、唯一ある恋愛要素。主人公の雪の好きな人と雪の先生の好きな人のとある共通点にはとても切ない気持ちになりました。この本、とても良い本で感動でき面白いのですが…。少しサスペンスが苦手な人には向いていないかもしれません。高校生たちの秘密を抱えながらの青春。卒業式当日に起きた衝撃の展開を曲と一緒に楽しんでください。
おススメ度 ★★★★
紹介者 うてま@不定期すぎる人間(小学6年生)
一覧へもどる
?y?[?W??????