タイトル 少女は夜を綴らない
著者名 逸木裕
出版社 角川書店
あらすじ 理子は加害恐怖症だ。加害恐怖症が始まったのは、3年前のあの日。『理子ちゃんもこっちへおいでよ』『こっちは気持ちいいよ』加奈子が屋上から転落して、死んだ日からだ。理子が毒を盛って殺してしまった日からだ。私は__________。
感想 少し、あらすじが分からなかったです。ネタバレになりますが、加奈子を殺したのが実は自分ではなかったとわかった時です。加奈子の弟との殺人計画やお兄ちゃんの真実、夜の日記を綴る理子。ボー研との絆、そして。加奈子とのムンクの『叫び』の話。また、読んだあと表紙をみてすごい!おもしろい!と思いました。是非読んだら、表紙を見直してみてほしいです。
おススメ度 ★★★★★
紹介者 ユルト(小学6年生)
一覧へもどる
?y?[?W??????