タイトル 推し、燃ゆ
著者名 宇佐見りん
出版社 河出書房新社
あらすじ 高校生の山下あかりの推しは、今大人気のアイドルグループ""まざま座""の青担当・上野真幸。グッズを集めたり、推しを解釈してブログに書いたりと、とにかく推しを推すことをが彼女の生きがいだった。しかし、ある日推しがファンを殴ってネットで大炎上し、印象は最悪になってしまう‥‥。生きづらさを抱えていても必死に生きる、少女の物語です。
感想 第164回芥川龍之介賞受賞作。多彩な例えを使った文で状況が分かりやすく、小説が苦手な人にもオススメです。特にアイドルファンの人は共感できる部分が多く読みやすいと思います。目を引くピンクと今っぽいイラストの表紙が目印。ラストでのあかりの成長にも注目です。推しがいる人、素敵な文に触れてみたい人はぜひ読んでみてください!
おススメ度 ★★★★★
紹介者 ぺンギンLOVE(中学2年生)
一覧へもどる
?y?[?W??????