タイトル 君を愛したひとりの僕へ
著者名 乙野四方字
出版社 ハヤカワ文庫JA
あらすじ 並行世界の存在が立証された世界。隣接した並行世界への移動は日常的に発生する。両親が離婚し、父親の元へ引き取られた高崎暦は、父の勤務先の研究所でひとりの少女、佐藤栞に出会う。相思相愛の仲になっていく二人。しかし彼らの両親同士が再婚することになり、二人の関係にも暗雲が立ち込めてくる。お互いが一緒になれる遠い並行世界へと跳んだ二人だったが、そこでは悲劇が待ち受けていた……。
感想 並行世界に飛ぶと、暦は平気だったが栞は脳死状態になってしまった。そんな栞を助けようと必死になる暦が暦がかっこいい。
おススメ度 ★★★★★
紹介者 はむたろー(小学6年生)
一覧へもどる
?y?[?W??????