タイトル 恋に至る病
著者名 斜線堂有紀
出版社 メディアワークス文庫
あらすじ やがて150人以上の被害者を出し、日本中を奮い立たせる自殺ゲーム「青い蝶(ブルーもルファ)」その主催者は誰からでも好かれる女子高生・寄河景だった。善良だったはずの彼女がいかにして化物へと姿を変えたのか___幼馴染の少年・宮嶺は、運命を狂わせた「最初の殺人」を回想し始める。「世界が君を赦さなくても、僕だけは君の味方だから」変わりゆく彼女を愛し続けた彼が辿り着く地獄とは?
感想 一つは予想できた終わり方で、もう一つの終わり方は予想がつきませんでした。2人は生き延びることができるのか、ハラハラしながら読むことができました。ですが、最後はとても悲しい終わり方でした。
おススメ度 ★★★★
紹介者 蜘蛛椿(小学6年生)
一覧へもどる
?y?[?W??????