タイトル 風の神送れよ
著者名 熊谷千世子
出版社 小峰書店
あらすじ

流行病は昔からある。今のようにワクチンや薬はない。だから沢山の人が亡くなっていった。どうしようも出来ない。神に祈ってお願いをする事しか出来ない。この行事はそんな昔の人たちが生み出してきた伝統行事である。

感想 最後の方で弱音を吐いているみんなに、励ましの言葉を言える事がすごいと思った。
おススメ度 ★★★★★
紹介者 ASUS(6年生)
一覧へもどる
?y?[?W??????