タイトル そのときがくるくる
著者名 すず きみえ
出版社 太洋社
あらすじ

小1のたくまは、なすが大嫌い。
学校でもなすは必ず残している。
リョウ君も一緒。なすが大嫌い。
夏休み。
おじいちゃんおばあちゃんの家に一週間一人でお泊りすることになった。
おばあちゃんがいろいろななす料理をつくった。
たくまに食べさせようとしたけど、おじいちゃんが、
「『そのとき』がいつかくるから、無理に食べさせちゃだめだ」
「そのとき」は、苦手なものをおいしく食べられる時。
最後の日は、野菜の肉巻き。たくまは野菜の肉巻きが大好き。
なす巻きも、大好きな照り焼きの味で、おいしく食べられそう!
…詳しいこと・続きは書店で!

感想

私も昔、なすが嫌いでした。((お前にとっての昔とは
けど、今は食べられます。
リョウ君が言っていた「変な味がしみ込んだスポンジみたい」は逆に私にとってなすのいい所です(笑)

おススメ度 ★★★
紹介者

ジェットコースター様。(3年生)

一覧へもどる
?y?[?W??????