タイトル 和菓子のアン
著者名 坂木司
出版社 光文社文庫
あらすじ

主人公は高校卒業目前の、十八歳の梅本杏子(通称アンちゃん)は太っちょさん。
バイトを探していた中、デパートで和菓子店「みつ屋」でアルバイト募集のチラシを発見。
翌日、履歴書を渡すと即採用となる。

経営者として評価されている一方で、株の売買やパチンコ、競馬などの博打が趣味だという椿店長や、職人希望で和菓子に詳しいけど実は乙女系男子の立花さんなど、個性的すぎる店長や同僚に囲まれる日々を送る。
そんな中、遊び心のある和菓子の奥深い歴史の魅力を知っていく杏子。
お客さんたちの言動に秘められた真相とは……。
クスっと笑える和菓子店「みつ屋」のミステリー。

感想

私がこれを読んで率直に思ったのは、「和菓子が食べたいなぁ」。
とても面白くて為になる、魅力的なお話しです。
和菓子にまつわる美しい歴史が伝わる作品だと感じました。
和菓子の名前の由来やへーっとなる豆知識も多くあるので、ちょっぴり和菓子に詳しくなれます。
勿論和菓子のことだけでなく、乙女系男子の立花さんとアンちゃんの関係の変化も楽しめ、アンちゃんの言葉にツッコミどころ満載です。
洋菓子好きの人でも和菓子に興味が出てくるはず。
皆さんに一度、この小説を読んでみてもらいたいですね。

おススメ度 ★★★★
紹介者

主食はきなこもち。(中学2年生)

一覧へもどる
?y?[?W??????