タイトル 臆病な僕らは今日も震えながら
著者名 汐見夏衛
出版社 実業之日本社文庫GROW
あらすじ

『またこの夢かーー』
主人公は、生きる希望を失った女子高生・緒方きらら。 彼女は、不可解な「虹色の世界」の夢を幼い頃から繰り返し見ていた。 自殺を思い訪れた地で彼女は偶然、その「虹色の世界」を描く青年・芳川景と出会う。 彼もまた同じ夢を見続けていた。
夢の謎を追うふたりに、想像を絶する過酷な真実が待ち受けていて……!
生きる意味、命の尊さに号泣必須です!

感想

俺が大好きな作家、汐見夏衛先生の新作ということで手に取りました。人にはたくさんの悩みがあるものですが、このお話は「家族」の悩みについて取り扱っています。
今、過酷で苦しい状況にいる人に是非読んでいただきたいです。少しばかりですが、希望が見出せるのではないでしょうか。
今は変えられない。だけどーー生きよう。そう思える物語です。

おススメ度 ★★★★★
紹介者

ふゆくん(中学2年生)

一覧へもどる
?y?[?W??????