タイトル また君と出会う未来のために
著者名 阿部暁子
出版社 集英社オレンジ文庫
あらすじ

『出会わないことが正解なんて、そんなの絶対に嫌だ』
仙台の大学に通う爽太には秘密があった。9歳のころに海で溺れ、遠い未来――2070年の世界へと時を超えて迷い込んだことがあるのだ。現代に戻ったあとも、2070年の未来で助けてくれた女性を忘れられずにいた。そんな時、アルバイトがきっかけで知り合った八宮和希という青年に「おれは過去から来た人に会ったことがある」と告げられて…?出会いと願いを描いた感動作!

感想

これは、「どこよりも遠い場所にいる君へ」の続編となる物語です。
みなさんは、ほぼ100%の確率で自分が10年後に死ぬとしても……未来を信じることができますか?
この物語は、運命に抗い自分を犠牲にしてまでも大切な人に会いたい主人公の姿を描いています。
未来への希望、感動がたくさん詰まったお話でした。未来と今のシンクロ具合が面白いので、そこを楽しみながら読んでほしいです。

おススメ度 ★★★★★
紹介者

ふゆくん(中学2年生)

一覧へもどる
?y?[?W??????