トップへもどる
キッズ@niftyの外 アット・ニフティの他のページ 有償サイト マークのせつめい

手作り野球盤

手作り野球盤

ダンボールで野球盤を手作りしてみよう!

用意するもの

用意するもの
・ダンボール2つ
・木工用ボンド
・ビニールテープ
・カッター
・はさみ
・定規(じょうぎ)
・わりばし
・千枚(まい)通しや、キリ
・えんぴつ
・わゴム
・クリップ
・ビー玉
など
  • 気をつけよう

    ・はさみやカッターで、ケガをしないように気をつけよう。
    ・木工用ボンドを使うときは、手や服につかないようにしよう。
    ・木工用ボンドを使うときは、部屋の換気(かんき)をよくしよう。

作り方

  • 1.

    ダンボールの底(そこ)から5センチのところに線をかきます。
    (写真はわかりやすいように、赤線をかいています)

  • 2.

    線のとおりに切ります。

  • 3.

    短い辺の長さをはかって、長い辺の同じ長さになるところに線をかきます。(写真の赤線(1))

    赤線(1)の線よりも、5センチ長いところにも線をかきます。(写真の赤線(2))

  • 4.

    作り方3の赤線(2)と、赤線(1)の線の側面(そくめん)を切ります。

  • 5.

    側面にボンドをつけて、外がわからはりつけて、わく箱のできあがり。

  • 6.

    もうひとつのダンボールの底または側面を、わく箱にぴったりおさまる大きさに切ります。

  • 7.

    野手、ヒット、アウト、ホームラン、ファウルラインなどの場所を決めて、えんぴつで下書きします。
    (写真はわかりやすいように、赤で書いています)

  • 8.

    野手、ヒット、アウト、ホームランの場所を切りぬきます。

  • 9.

    ビニールテープで白線やベースをつけます。

  • 10.

    ダンボールを、高さ1.5センチ、横7センチの大きさに切って、青線のように線をかきます。

  • 11.

    写真のように、まんなかをおります。

  • 12.

    ピッチャープレートにあわせて、ボンドではりつけます。

  • 13.

    わりばしを短く切って、バッターボックスに、あなをあけます。
    (写真では右がわにあなをあけましたが、右左どちらでもよいです)

  • 14.

    わりばしにわごむをまきつけてあなから通し、うらがわでわごむをクリップに通します。

  • 15.

    わくばこに入れて、写真のようにホームランやアウトなどをかきます。

  • 16.

    野手のところに、がびょうをさします。

  • 17.

    できあがり!

  • くふうしよう

    ・表面に緑の紙などをはって、本物の球場っぽくしてみよう!

そのほかの大さくせんをみる
みんなの自由研究紹介広場
自分と同じ学年の友だちがどんな自由研究をしたのか参考(さんこう)になるよ!

くわしくはこちら

みんなの自由研究紹介広場
自由研究うらない
キミにぴったりの自由研究は、これだ!

うらなう

きみぴた自由研究
自由研究おすすめの本
キッズ@niftyおすすめの本をしょうかいするよ!
この本さえあれば、自由研究や実験(じっけん)が ラクラクかんたんに できちゃうよ!

そのほかの本

自由研究おすすめの本
インターネットを安全につかおう
インターネットを楽しく安全に使うために「インターネット体験(たいけん)ドリルアット・ニフティの他のページ」で練習してみよう!

インターネットのルールとマナー

インターネット体験ドリル
トップへもどる
お問い合わせ おうちの方へ
(c)NIFTY Corporation