カード・プリントグッズ

おひなさま

おひなさま

みんなは、ひな祭りがどうやってはじまったかって知っている?

むかしむかしの平安時代、いやな事や悪い事を、紙やワラで作った人形にうつし、それを川や海に流したのがはじまりなんだって。
今のひな祭りとは、ぜんぜんちがっていたんだね。

作る前に以下の注意を必ず読んでね!

★台を作ろう

  • 台のパーツはひとつだけだよ。
    紙からきりとって、チョコレートの箱のように作るんだ。

    ×の書いてあるまるいところは、ぼんぼりをさしこむところだから、先にまるく切りぬいておこうね。
    びょうぶ、お花、親王台(しんのうだい)をさしこむ切れ目も、先に入れておこう。

  • 左の写真のようにおり目をつけておこう。
    点線にそって、おってね!

  • 次はのりづけだよ。
    人形やお花をのせてから、最後にのりづけしてもいいよ。
    キミの作りやすい順番で作ってね。
    まず、長いほうののりしろにのりをつけて、筒(つつ)のようにしてから、短いほうののりしろをのりづけしてね。

  • ★人形と親王台(しんのうだい)を作ろう

    • 親王台を切りとって組み立てよう。
      このとき、おひなさまとおだいりさまをさしこむ切れ目も、わすれずに入れておいてね。

    • 親王台ができたら、次は人形だよ。
      人形のパーツは、おひなさまもおだいりさまも、二つずつで作れちゃうんだ 。

    • これは、人形をうらからささえるえるパーツだよ。
      おり目にそって、左の写真のような形にしよう。

    • ささええを親王台にさしこんだら、ささえに人形をのりづけしよう。
      おひなさまも作り方は同じだよ。

    • 台にさしこもう。
      ここはのりを使わなくてもいいところなんだけど、さしこんだ後、うらでおってからのりづけすると、よりじょうぶになるよ!

      写真では向かって右がおひなさまで、左がおだいりさまになっているけど、京びななどでは、逆(ぎゃく)のところもあるんだって、だから人形の左右は、キミのすきなならび方にしてね。

    • ★ぼんぼりを作ろう

      • ぼんぼりは、ちょっとむずかしいよ。
        ぼんぼりは一つにつき、5つのパーツを使うからね。
        左から、台、支柱(しちゅう)、側面(そくめん)、上面、下面だよ 。

      • 側面を丸くつなげよう。
        のりがかわいたら、上下の三角形ののりしろは、内がわにおっておいてね。

      • 次に上面と下面をのりづけしよう。

      • 支柱はちょっとずつ、ていねいに丸くしていこう。

        のりをつけた後は、かわくまでマスキングテープやメンディングテープで、そっとおさえておくと、はがれにくく、きれいにできるよ。

      • 台を作ろう。
        ここもかわくまで、のりしろをおさえておこう。
        クリップなんかを使うといいよ 。

      • しっかりとかわかした後に、台を支柱に通すんだ。

      • これを、さっき作っておいた側面の下の穴(あな)に通すと、ぼんぼりのできあがりだよ。

      • ぼんぼりができたら、台にさしておこう。

      • ★お花とびょうぶを作ろう

        • お花はこの、2つのパーツでできるよ。

        • まずはささえを、左の写真のようにおって。

        • お花のうらがわにのりづけしよう。
          さしこみから、ちょっと上にはっておいてね。

        • お花を台にさしこもう。
          お花が前にかたむいてしまうようなら、お花のさしこみを、少し後ろがわにおるといいよ。

        • びょうぶは切りとってから、写真のようにおり目を入れておこう。
          まちがって、さしこむところを切ってしまわないようにね!

        • これをそのまま台にさしこむと…。

        • ★できあがり

  • ※ページが開かないときや、プリントのほうほうが わからないときは、おうちの人に聞いてね!
  • ※おうちのプリンターや紙によっては、少し色がかわることもあるよ。
  • ※PDFファイルをみるためにはAdobe Readerが必要(ひつよう)になるよ。

■保護者の方・教育関係の方へ
プリントデータのご利用条件、注意点についてはキッズ@niftyコンテンツのご利用についてのご案内を参考にしてください。

一覧へ戻る