トップへもどる
キッズ@niftyの外 アット・ニフティの他のページ 有償サイト マークのせつめい
サヨナラの夏【短編小説】 宮原 碧(みやはら あおい)、中1。
一人称は“俺”だけど、性別は女。

本当は男に生まれたかったけど、中1にもなって、今さら男も女も無いよなと思い、隠している。

「う、寒っ」
9月の下旬。
肌寒い風が、俺の背中をすり抜けた。
もう、秋か。今年もあと3ヶ月で終わりか…。
放課後の委員会の仕事を終え、俺は校庭の真ん中を横切って、駅へ向かう。

ポカッ

「…いった!何だよ、もう」
頭に、少し硬いボールが当たった。

「あっ、碧か。ヘイ、パス!」
誰かとキャッチボールをしていたのか、同じクラスの高岡 悠(たかおか ゆう)が、こっちに手を振っている。

「ヘッタクソだなぁ!もっと練習しとけっ!」
俺が悠に向かって投げると、悠は少しボーッとしていたらしく、ボールは悠の頭に直撃した。

「何、やってんの!それでも野球部!?」
俺がそう笑いながら手に付いていた砂をパッパッと払い、悠の顔をのぞくと、悠はボールが当たった頭を押さえながら、少し赤くなっていた。

「…悠?顔、赤くなってるよ?大丈夫ー?」
俺がそう言うと、悠はハッと気づき、ボールを慌てて拾った。

「別に、何でもないし。あ、ボール、サンキュな」
俺はふと、校舎の時計を見ると、電車の時間がもうすぐだったので急いで駅へと向かって走った。

〜次の日〜

「ふわぁ〜、眠い眠い。…ん?」
あくびをしながら俺は昇降口に入り、下駄箱に手を入れた。すると、一通の手紙が入っていた。

『碧へ。好きだ。お前は男っぽいけど、その性格も含めて全部が好きだ。良かったら、返事が聞きたい。by悠』

その手紙を読んで、俺はドキッとした。
(ラブレター!?)
突然だったので声にはしなかったが、それでもびっくりした。
あの悠が、俺のことを好きだったなんて…。

早く教室に行って、悠に返事を言おう。
そう思い、急ぎ足で教室に向かった。

キーンコーンカーンコーン…

「はい、席ついて。まず、高岡悠くんについて少し話させてください。」
先生がそう言ったその瞬間、ざわついていた教室が、しん、となった。

「高岡悠くんは、明日でこの中学校を転校することになりました。」
先生がそう言うと、また教室がざわついた。

「なんで!?急すぎるだろ…」
「マジか…」
「どこに転校すんだよ…遠くとか、やめてよ…」

「静かに!…今日は、引っ越しの準備や手続きをするため、遅れて来るそうです。高岡くんが来るまで、お別れ会の計画をしたいのですが…」
俺は、そのあとの話が全然耳に入らなかった。
なんで、こんな時に俺に告白したんだよ…

昼休み。悠が、教室にやって来た。
と同時に、クラスの皆が悠の周りに集まった。

俺は緊張して、話しかけるタイミングがわからなかったので、とりあえず見守るだけにすることにした。
…と思いきや。

「碧、こっちに来い!!」
悠は俺の手首を掴んで、廊下に飛び出した。
教室の皆は色めきたち、男子に至っては、フゥ、フゥ、と冷やかしてきた。

「ゆ、悠、急に、なんなの!?」

「お前の返事、聞いてない」

「あ…」
俺は、悠に告白されたことを思い出した。

「お、俺は…」

「!お前の一人称、“俺”だったっけ?」

「あっ…」
俺は顔が真っ赤になり、恥ずかしくなった。

「…自分の性別が嫌いで、男になりたいって、ずっと思ってたんだ。でも、変だし、隠してたんだけど…」

「全然、変じゃねーよ。」

「…え?」

「オレは、お前のそういうところ、全部が好きなんだ。気にすることなんて、ねーだろ。」
俺は、感動して涙が出そうになった。

「…でも、悠は転校しちゃうじゃん。俺、寂しいよ。好きな人が引っ越して、離ればなれになるなんて、やだ。」

「碧…」

「俺、悠が好き。離れちゃうかもしれないけど、ずっと好きでいたい。」

「…うん。オレも…」

〜次の日〜
「ねぇ、本当にいいの?ホラ、俺と悠だけ、途中でお別れ会抜けちゃったでしょ。俺はまだしも、主役がいなくて、大丈夫なの?」

「別に、オレは碧と一緒にいれればいいから。」

「う、恥ずかしいよ!あと、ここ駅だし。悠の家族いるし。見られてるし。死にたいんですけど。」

「オレの親は、駅員と話してるから大丈夫、見てない。あと、死にたいんなら、オレと一緒に死ぬ?」

「もう、バカっ!…あ、新幹線来たよ!」

「じゃあ、これでお別れだな。」

「…悠、」

「何?」

「ん………じゃあね。」

「バカッ///…またな」
しばばん(埼玉・13さい)からの相談
とうこう日:2020年9月22日みんなの答え:2件

※SNSボタンについて

この相談に答える
※23:00〜6:00は回答の投稿はできません

みんなの答え

[ まえへ ]  1  [ つぎへ ]
2件中 1 〜 2件を表示
  • キュンキュンしました^^ とても面白かったです。私も恋バナ大好きなので続編も読みたいです。デートの話とか待ってます! 柴犬^^さん(広島・11さい)からの答え
    とうこう日:2020年9月23日
  • すごいですね! 見ててとてもきゅんとしたのと可愛いなと思いました笑
    碧ちゃんと悠くん、今後会えるといいなぁとか思ってました笑

    また書いてくださいね!では!
    マメトラさん(選択なし・14さい)からの答え
    とうこう日:2020年9月23日
[ まえへ ]  1  [ つぎへ ]
2件中 1 〜 2件を表示

相談に答える

相談の答えを書くときのルール
  • ニックネームから答えまで、全ての項目を書いてください。※絵文字は使えません。
  • ニックネームにフルネーム(名字・名前の両方)が書かれた回答は紹介(しょうかい)できません。
  • 読んでいる人がいやな気持ちや、悲しい気持ちになるようなこと、お友だちを傷(きず)つけていると思えるものは書かないでください。
  • 自分やお友だちの本当の名前、住所、電話番号、メールアドレスなどは書かないでください。
  • 送ってくれた回答は全て、キッズ@nifty編集部(へんしゅうぶ)が確認(かくにん)してから、紹介します。キッズ@nifty編集部の判断で、一部を削除しての紹介や、紹介できない場合などがあります。(誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)ととられる内容、他のホームページへのリンクなど)
  • 夜11時〜朝6時までの「相談の答え」の投稿は受け付けていません。
  • 掲載された回答投稿の削除の依頼をいただく場合がありますが、キッズなんでも相談では、利用にあたり会員登録などを行っていません。投稿されたユーザーの個人を判断することが出来ないため、削除依頼には対応することは出来ません。
短編小説への回答を書くときのルール
  • 「短編小説」カテゴリへの回答には小説を読んで、感動したことや、感想を書いてください。小説や書いてくれた人への悪口、小説と関係ない内容が書かれている場合は公開しません。
  • 投稿文章内の誤字(ごじ)の指摘は回答として公開しません。

ニックネーム

  • 20字まで

せいべつ

   

ねんれい

都道府県(とどうふけん)

アイコン

           
           

答えのタイトル

  • 20字まで

答え

  • 500字まで
※23:00〜6:00は回答の投稿はできません
※23:00〜6:00は相談の投稿はできません
「友だち・グループ」アンケート
カテゴリごとの新着相談
秋のふれあいフェスティバル
おうちの人とつくろう!わが家のインターネットルール
短編小説投稿について
トップへもどる
お問い合わせ おうちの方へ
(c)NIFTY Corporation