トップへもどる
キッズ@niftyの外 アット・ニフティの他のページ 有償サイト マークのせつめい
狼男と盲目少女 狼が人間に恋をした。
その人間は目が見えなかった。
狼はその事を知ると、何をしてでも彼女の守りたかった。
狼は考えて考えて、一つ思い付いた。
「人間になればいいんだ」
狼が人間になるなんて不可能。
そんなことは狼にはわかっていた。
「だけど彼女を守るためなら」と、
狼は頑張った。
ある日、狼はついに人間になれた。
その事がとても嬉しかった。
街を歩いていると、彼女に出会った。
「っ...///」
会ってみるとやっぱり可愛い顔だ。
透き通るような黒い長い髪。
肌白い肌。
輝く黒い瞳。
彼女の全てが狼には美しく見えた。
そんなとき風がビュウッと吹いて、
あの人間の白い帽子が飛ばされた。
「あっ...あれっ...?
帽子...何処に行ったんだろう?」
人間は自分の回りをアタフタと手探りで探す。
狼が探していると、道路に帽子があった
「あそこだ!」
狼は車を飛び越え、帽子をキャッチした
歩道に戻ると、人間はキョトンとしていた、狼は彼女の方へ歩き帽子を渡した。
「はい、帽子。
ちょっと汚れちゃたけど...」
「いえいえ!ありがとうございます!
あの...私、リアというんです。
名前を教えていただけますか?」
名前...
そんなもの狼にはなかった。
何て言おうと悩んでいると、一つの名前が頭を横切った。
[マモル]
その言葉が自然と口に出た。
「マモル。
俺の名前はマモルだ。」
「マモルさん...素敵なお名前ですね!
ありがとうございました!」
リアはペコリとお辞儀をして歩いていった。
その背中を見送るつもりだった。
名前を聞いただけでよかったのに。
マモルは、リアの肩を掴む。
リアは振り向いて少し怯えていた。
「リア大丈夫だ、俺だよ、マモルだ。」
「マモル...さん?」
怯えた顔に笑みが出てくる。
この笑顔をもっと俺は見ていたい。
ずっとずっと一緒にいたい。
大好きなリアと一緒に...
「リア...実は俺...リアの事!」




リアとの生活が始まった。
恋人になれたんだ。
でも...一緒に住むことになるから...
俺が狼だってこと、言わなきゃなぁ...
そう思いながら二人分の夕飯を作る。
盛り付けて、テーブルに出した。
するとなにやらリアが深刻な顔をしている。
「リア...?」
「マモル、ごはん食べたら私の部屋に来てくれる?」
「?うん...」
ご飯を全て完食して、片付けようとするとリアが手をグイッと引っ張った。
そのまま部屋に連れていかれる。
するとリアがこちらを向いた。
「マモル、私に何か隠してるでしょ」
「なっ...なにいって...」
「嘘つかないで」
「ッ...」
このとき初めて怒った顔のリアを見た。
「隠してるの...分かった...?」
「うん、マモルなんか心にモヤモヤ溜めてるから。
なんか隠してるのかなぁって」
マモルは、リアを後ろから抱き締める。
「うひゃあっ!ビックリしたじゃん!///」
マモルはしっぽをリアに巻き付ける。
「なぁ、リア。これなんだと思う?」
「しっ...ぽ...?」
リアはしっぽをモフモフとさわる。
正直くすぐったい。
「怖い?」
怖いと思う。
目の見えない真っ暗な世界でさえ、恐ろしいのに。
自分の彼氏が狼だったなんて急に言われたらビックリするよなぁ。
怖いよなぁ。
「別れよう」なんて言われても、
なんも言えないな。
「怖くないよ。」
「えっ?」
「マモルだから...怖くない」
「リア...ありがとう!」
チュッ
マモルは顔を近づけさせて、キスをした
「んー!んーーー!」
リアが息苦しそうにしている。
「はぁ...はぁ...」
「ゴメンネッ」
「むぅ...」
大好きな君にだけ教えた秘密。
誰にも言えない二人の秘密。
狼と盲目少女の恋はまだまだ始まったばかりなのだ。
「「大好きだよ、これからもずっと」」
赤にゃんこさん(福島・11さい)からの相談
とうこう日:2020年9月27日みんなの答え:4件

※SNSボタンについて

この相談に答える
※23:00〜6:00は回答の投稿はできません

みんなの答え

[ まえへ ]  1  [ つぎへ ]
4件中 1 〜 4件を表示
  • 上手! おおかみは人になれたんだ…!
    愛のカはい偉大だなあ!
    赤にゃんこちゃん、すごい小説ありがとうございました!
    ななさん(東京・11さい)からの答え
    とうこう日:2020年9月28日
  • すご一い 感動ですっ!とてもいい話ですね。
    個人的な感想ですが、最後ハモッて終わるっていうのいいですね。
    くるみさん(選択なし・12さい)からの答え
    とうこう日:2020年9月28日
  • すごい かんどうしました一すごい。 ナナナさん(東京・8さい)からの答え
    とうこう日:2020年9月28日
  • 、、、、 いいとおもいます。 まりこさん(東京・12さい)からの答え
    とうこう日:2020年9月28日
[ まえへ ]  1  [ つぎへ ]
4件中 1 〜 4件を表示

相談に答える

相談の答えを書くときのルール
  • ニックネームから答えまで、全ての項目を書いてください。※絵文字は使えません。
  • ニックネームにフルネーム(名字・名前の両方)が書かれた回答は紹介(しょうかい)できません。
  • 読んでいる人がいやな気持ちや、悲しい気持ちになるようなこと、お友だちを傷(きず)つけていると思えるものは書かないでください。
  • 自分やお友だちの本当の名前、住所、電話番号、メールアドレスなどは書かないでください。
  • 送ってくれた回答は全て、キッズ@nifty編集部(へんしゅうぶ)が確認(かくにん)してから、紹介します。キッズ@nifty編集部の判断で、一部を削除しての紹介や、紹介できない場合などがあります。(誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)ととられる内容、他のホームページへのリンクなど)
  • 夜11時〜朝6時までの「相談の答え」の投稿は受け付けていません。
  • 掲載された回答投稿の削除の依頼をいただく場合がありますが、キッズなんでも相談では、利用にあたり会員登録などを行っていません。投稿されたユーザーの個人を判断することが出来ないため、削除依頼には対応することは出来ません。
短編小説への回答を書くときのルール
  • 「短編小説」カテゴリへの回答には小説を読んで、感動したことや、感想を書いてください。小説や書いてくれた人への悪口、小説と関係ない内容が書かれている場合は公開しません。
  • 投稿文章内の誤字(ごじ)の指摘は回答として公開しません。

ニックネーム

  • 20字まで

せいべつ

   

ねんれい

都道府県(とどうふけん)

アイコン

           
           

答えのタイトル

  • 20字まで

答え

  • 500字まで
※23:00〜6:00は回答の投稿はできません
※23:00〜6:00は相談の投稿はできません
カテゴリごとの新着相談
「クリスマスプレゼント」アンケート
知ってほしい、みんなの権利。聞かせてほしい、きみの声。:Yahoo!きっず
おうちの人とつくろう!わが家のインターネットルール
短編小説投稿について
トップへもどる
お問い合わせ おうちの方へ
(c)NIFTY Corporation