トップへもどる
キッズ@niftyの外 アット・ニフティの他のページ 有償サイト マークのせつめい
アオい空に浮かぶシロい雲  女の子は花を摘みながら歩いていた。まだ覚束無い足取りだ。それでもしっかり自分の力で1歩1歩進んだ。
「いっぱい摘んだねぇ。これで冠作ろうか」
「かんむり?つくる!」
 摘んだシロツメクサを広げた。小さな指で1つ2つと数えた。5まで数えることができた。残りは母が数えた。
「17個もあるね」
 母は器用にシロツメクサを繋いでいった。
「一緒にやってみようか」
 作ったシロツメクサの冠。
「ねーたんにあげるの」
「……お姉ちゃん、きっと喜ぶわよ」
 母と父は顔を見合わせて微笑んだ。
「じゃあ、お姉ちゃんのところに行こっか」
 親子3人並んで歩いた。

 お墓が見えてきた。少し小さなお墓が姉のお墓だ。
「ねーたん!」
 シロツメクサの冠をお地蔵さんにかぶせた。
「お姉ちゃん喜んでるわよ」
「なんでわかるの?」
「お空見てごらん?」
 空は青く澄んでいた。どこまでも行けそうな気がした。でも姉の姿はどこにも見えない。
 母と父を真似て手をあわせる。
 しかし退屈になってきてその場を抜け出し、近くの丘をのぼった。だが、石に躓いて転んでしまった。涙がこみあげる。
「ぱぱ、まま」
 その声は春風にかき消されてしまった。
 何故か温もりを感じた。独りだけど、誰かに包まれているような、見守られているような。そうしているうちに、だんだんと瞼が重たくなってきた。丘の上でゆっくりと眠りについた。
『大きくなったね……』
 そうささやいたのは……



 これは誰も知らない、覚えていない物語。



 誰かが私を呼んでいる。誰かが私の体を揺さぶっている。
「ねえ、起きて!」
 目を開けると、青いワンピースを着た女の子がいた。眠い目をこすって体を起こす。目の前に広がっていったのは、緑色の草原だった。私は、女の子と違い、白いワンピースを着ていた。
「ここは?」
「ここは、お腹の中よ」
 女の子はそういった。
「お腹の中?」
 女の子は言った。ここは、母親のお腹の中ということ。私たちは双子の胎児だということ。私たちはあと少しで生まれるということ。
「へえ、じゃあ生まれるときは、一緒ってことだね」
「うん」
「じゃあ絶対に2人でママとパパに会いに行こうね!」
 私は指切りをしようと、小指を差し出す。しかし女の子は面倒くさそうに顔をしかめた。
「いいよ、そんなのしなくても」
「いやだ、するの!」
 半ば無理矢理女の子の小指と自分の小指を絡める。
「ゆーびきーりげんまん」
 私は歌った。つられて女の子も歌った。そして2人で笑った。

 青いワンピース着ているから、女の子はアオ、白いワンピースを着ているから、私はシロという名前をつけた。投げやりで適当な決め方だと思うけど、結構気に入っていた。
 くだらない話をしていたら、あっという間に時間は経った。
「今日、私たち生まれるんだね!」
「……うん」
「アオ元気ないじゃん、どうしたの?」
「別に」
 きっとお腹の中の生活にいろいろと未練があるのだろう。このときはそんな軽いことを考えていた。
「それよりもシロ、生まれる準備するわよ」
「生まれる準備?」
 アオは何も言わずに歩きだした。私もアオについていく。そのとき、大きな石に躓いて転んでしまった。
「もう、シロったら……」
 アオは私を立ち上がらせてくれた。
「ありがと」
 それから少し歩いた。
 ついた場所は海だった。
「ここ……」
「ここから生まれるのよ」
 次の瞬間、耳をつんざく大きな音と共に地面が激しく揺れた。そして私は見てしまった。海の水がどんどん少なくなっていくのを。そして海の中からトンネルが出てきた。
「ほら、もう生まれなくちゃ」
 アオは私の背中を押す。
「何言ってるの?アオも一緒に生まれるんでしょ?」
 アオは、首を横に振った。
「私、もう死んでるの。3年くらい前に、お母さんのお腹の中で死んじゃった。双子っていうのも、嘘なの。シロと一緒に生まれられないの。騙してごめんね」
 目の前が真っ暗になった。生まれたら一緒に遊ぼうと思ってたのに。いっぱい……。
 1人じゃ何の意味もないの。
「もうあなたが転んでも助けてあげられない。だから、強く生きて」
 アオは泣きじゃくる私にシロツメクサノの冠をかぶせてくれた。
「さあ、行ってらっしゃい!」
 もう1度アオは私の背中を押した。
 強く、生きるんだ。
 私はゆっくりと歩みを進めた。もう振り返らない。



 転んでいるのに気がついた母と父が駆け寄ってくる足音で目を覚ました。
 ゆっくりと立ち上がる。独りで立ち上がることができた。
『強くなったね……』
 そう話しかけられた気がした。
「ひとりで立てたね!……ソラちゃん」
 この女の子の名前はソラ。

 春風が吹く。遥か彼方には、アオいソラに、シロい雲が浮かんでいた。
華さん(選択なし・14さい)からの相談
とうこう日:2020年10月17日みんなの答え:1件

※SNSボタンについて

この相談に答える
※23:00〜6:00は回答の投稿はできません

みんなの答え

[ まえへ ]  1  [ つぎへ ]
1件中 1 〜 1件を表示
  • すごい… すごすぎます。
    私より1歳年上なだけなのにこんなに素晴らしい作品ができるのですか!?!?
    私も何度か短編小説を投稿しましたが、下手すぎて採用されたことがありません(´;ω;`)
    アオはお姉ちゃんだったのかな…??
    私には少し難しい話でした汗
    ではまたどこかで!!
    おとらーさん(選択なし・13さい)からの答え
    とうこう日:2020年10月19日
[ まえへ ]  1  [ つぎへ ]
1件中 1 〜 1件を表示

相談に答える

相談の答えを書くときのルール
  • ニックネームから答えまで、全ての項目を書いてください。※絵文字は使えません。
  • ニックネームにフルネーム(名字・名前の両方)が書かれた回答は紹介(しょうかい)できません。
  • 読んでいる人がいやな気持ちや、悲しい気持ちになるようなこと、お友だちを傷(きず)つけていると思えるものは書かないでください。
  • 自分やお友だちの本当の名前、住所、電話番号、メールアドレスなどは書かないでください。
  • 送ってくれた回答は全て、キッズ@nifty編集部(へんしゅうぶ)が確認(かくにん)してから、紹介します。キッズ@nifty編集部の判断で、一部を削除しての紹介や、紹介できない場合などがあります。(誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)ととられる内容、他のホームページへのリンクなど)
  • 夜11時〜朝6時までの「相談の答え」の投稿は受け付けていません。
  • 掲載された回答投稿の削除の依頼をいただく場合がありますが、キッズなんでも相談では、利用にあたり会員登録などを行っていません。投稿されたユーザーの個人を判断することが出来ないため、削除依頼には対応することは出来ません。
短編小説への回答を書くときのルール
  • 「短編小説」カテゴリへの回答には小説を読んで、感動したことや、感想を書いてください。小説や書いてくれた人への悪口、小説と関係ない内容が書かれている場合は公開しません。
  • 投稿文章内の誤字(ごじ)の指摘は回答として公開しません。

ニックネーム

  • 20字まで

せいべつ

   

ねんれい

都道府県(とどうふけん)

アイコン

           
           

答えのタイトル

  • 20字まで

答え

  • 500字まで
※23:00〜6:00は回答の投稿はできません
※23:00〜6:00は相談の投稿はできません
秋のふれあいフェスティバル
カテゴリごとの新着相談
知ってほしい、みんなの権利。聞かせてほしい、きみの声。:Yahoo!きっず
おうちの人とつくろう!わが家のインターネットルール
短編小説投稿について
トップへもどる
お問い合わせ おうちの方へ
(c)NIFTY Corporation