トップへもどる
キッズ@niftyの外 アット・ニフティの他のページ 有償サイト マークのせつめい
誰にも評価されない孤独OLと盲いた仔猫 人は孤独か、と言われたら私は即答する。
誰にも認められない挙げ句、見向きもされない。
今日、孤独じゃない人は孤独な人同士で集まれるだけ。
それができない人に、差し伸べられる手はない。
分かりきったことだ__

コンビニから、1人の女が出てきた。
年は三十代頃のように見えるが、確かではない。
後ろで一つに結んだ髪。
疲れたような眠そうな眼差し。
グレーのスーツを纏った姿は、仕事帰りであることを告げていた。

女は独りだった。
どれだけ仕事に精を出しても、認められない。
愚痴をネットで呟いたりしても、いいねもコメントもゼロ。
自分の才能を発揮できることを見つけても、反響はない。
そこで、女は気づいたのだ。
自分みたいな孤独な人間、評価してくれる人なんていない。
だから、こうやって退屈な毎日を繰り返すのだ。

女は何かを見つけて立ち止まった。
手に持っているビニール袋の中の酒の缶が乾いた音を立てた。
薄暗い道端にはダンボールが静かに佇んでいた。
それに毛布がかけられていることから、
女はその中身を悟ってしまった。

女の気配に気づいたのか、その中の者は仔猫特有のみゅー、という鳴き声をたてた。
女は溜息をついた。
いたたまれない。そう思い、ダンボールを開けた。
中にいたのは、一匹の黒い仔猫だ。
黒い毛並みに黄色い目は、見たのが夜なこと有り、ぞっと指せる何かがある。
ぼさぼさの毛はどこか鬣を思わせた。
目は開いているが、見えてはいないのだろうか。
気配だけで顔を上げて、女の手に自信の鼻面を擦りつけた。

その冷たい鼻面の感触に、女はヒヤッとした。
ただでさえ、夜気は衣の隙間から入り込むというのに。
この仔猫の体は、はっとするほど冷たかった。

立川凪咲は大層な大義を抱えるほどの人間じゃないし、特別お人好しでもない。

ただ、この境遇に置かれた仔猫が哀れだった。
同情心も感じていたのかもしれない。

育てるのは大変だぞ。病院代、餌代、おもちゃやトイレまで。
どれだけ費用がかかることやら。
仔猫を捨てた主人も、それが分かってたんだぞ。

凪咲に語りかける誰かの声。
すると、もう一人の声が聞こえてきたかのように、心に浮かび上がった。

今日、孤独じゃない人は孤独な人同士で集まれるだけなんだろ。
私もこの仔猫も。孤独じゃないか。

いや、違う。私は違う。
評価されないだけ。大体、猫と人間は違う。

本当にそう思ってる?そうなの?
今私が見捨てれば、この子は死ぬ。
それでいいの?

もういいよ。

心の中で荒々しく呟いて、心境とは真逆にそっと仔猫を掬いあげる。
毛布に包み、抱きしめると、凪咲は全力で家を目指した。
いいよ。飼えないなら、里親を探せばいい。
無理に飼う必要はないだろう。
凪咲の頭から、ビールの存在は消えていた。


家につくと凪咲は、猫の食べそうなものを探した。
仔猫だから肉は食えないかもしれない、と気づいたのは、魚肉ソーセージを取り出したときだ。
要領の悪い自分に心の中で舌打ちをして、牛乳をタッパーに注ぐ。
そして、ヒーターの前に毛布に包んで置いた仔猫の元へ歩み寄った。
猫に皿を差し出すも、食べない。

焦ってネットで調べてみると、どうやら子猫用ミルクというものを哺乳瓶で飲ませなければならないそうだ。
凪咲は迷った。仔猫を置いていくべきだろうか。
家の中で死んでいた、なんてことがあれば拾わなければ良かったかもしれない。
そんな凪咲の頭に、名案が思いついた。
そうだ、動物病院へ行けばいいんだ。
そうすれば、必要なものは全て手に入る。

凪咲は衰弱した仔猫を何故か持っていた百均で売っているレベルのバスケットに入れた。
小さなバスケットだったが、それよりも小さな仔猫はすっぽり収まった。
申し訳程度に入れたカイロと毛布で、体を温めてくれればいいのに。
そう思いつつも、凪咲はアパートの階段を駆け足で降り、白塗りの車へ乗り込んだ。
シートベルトをしてアクセルを踏むと、ハイブリッドカーである車は静かに進みだした。

夜でも開いている動物病院だが、人影はまばらだった。
蛍光灯に照らされて、仔猫が身動ぎをした。

「衰弱していますね。病気の予防の注射と、検査をします。
一時間ほどかかりますので、待合室でお待ちください」

少し眠そうな若い医者に言われ、凪咲は待ったが告げられたのは驚くべき事実。

「感染症などにはかかっていませんね。
ただ、生まれつき目が見えない病気にかかっているようです」

だから、あんなに頼りなさげだったんだ。
凪咲は合点が行き、ふっと息を吐いた。
こうやって、捨てられたのも。そのせいなのかもしれない。

三十代に見えた顔は、笑うと若く見えた。
案外、20代くらいかもしれない。

そして、孤独な女と孤独な仔猫の物語が幕を開けた。
鸞鳥さん(選択なし・13さい)からの相談
とうこう日:2021年1月10日みんなの答え:9件

※SNSボタンについて

この相談に答える
※23:00〜6:00は回答の投稿はできません

みんなの答え

[ まえへ ]  1  [ つぎへ ]
9件中 1 〜 9件を表示
  • 作者さんはひょっとして天才ですか? 3歳しか変わらないのに。レベルがたけー…!将来大物になりそ。 自称まんがの神様☆さん(兵庫・10さい)からの答え
    とうこう日:2022年2月21日
  • 凪咲さんの心の格闘が!! こんにちは!sandankinです!
    いいお話ですね!
    仔猫を拾い、助けてやる、それからは一緒に住む。
    最高な話ですね!!
    特に凄いなって思ったのは、51行目から58行目までの心の中での格闘です!
    凪咲さんがもう一人の自分と心の中で戦っている、この時の表現が凄かったです!
    これからも、いい作品を手掛けてくださいね!!
    sandankin(さんだんきん)さん(大阪・11さい)からの答え
    とうこう日:2021年11月21日
  • いいお話だ…! こんにちは!波津です!鸞鳥さんよろしくウ(`・ω・´)
    で、本題
    名前からして気になって、惹かれて読みました(大の動物好き)とてもいいお話ですね♪将来は小説家に…!
    それではー!バイチャ☆ー(ゝ。∂)
    波津(ハツ)#元亜輝(あき)さん(東京・10さい)からの答え
    とうこう日:2021年11月9日
  • 感動した…!! 最初の文から猫の視点であることが全然読めなくて。

    この作品の比喩表現が個人的に面白いです。

    最後はハッピーエンドなんですね!!泣

    感涙しそうです!!

    中学生さん?ですか?素晴らしい表現力ですね!!

    ありがとうございます。


    (b^▽°)ヒラ☆彡
    ヒラくんさん(選択なし・15さい)からの答え
    とうこう日:2021年1月31日
  • 小説でコメントするの初めてです… 凄い上手ですね…。こうゆう本、本当にありそうです。あったら買うかも(笑) ぽくすんあさん(東京・13さい)からの答え
    とうこう日:2021年1月11日
  • うまくないですか? 最初に思ったこと
    は?うまくね?

    口悪いですね、すみません。
    でも、何か文が凄い綺麗で細部まで作り込まれていて、続きがあるようで感動しました!
    ただの医者と表せる部分も「少し眠そうな若い医者」と表していたり、
    ただの車なのに「ハイブリッドカーである車は…」などの表現も素敵ですね!
    また読みたいです!
    しゅーさん(選択なし・12さい)からの答え
    とうこう日:2021年1月11日
  • 文章力がすごい… そういう性格のためすごく上から目線です。申し訳ありません。
    一番思ったのは、情景描写がすごく丁寧だと言うことです。おそらくみんな同じような情景がパッと浮かんできたのではないでしょうか。心境もうまく混ぜてとても面白かったです。大人の人の心はなったことないので書きにくかったかもしれませんが、全く違和感がなくてスラスラ読めました。
    13歳ということは中1か中2ですか?とても文章力があると思います。正直、2000文字が少なすぎました。鸞鳥さん、応援してます!また書いてくれたら嬉しいです!
    咲さん(選択なし・14さい)からの答え
    とうこう日:2021年1月10日
  • すごい… こんにちは!なっつんです。
    主さんの作品、読ませていただきました。
    とても私と同い年とは、思えないぐらい語彙力もすごいし、文章もまとまっているし、もうすごいの一言につきます。
    またぜひ書いてください!
    なっつんさん(選択なし・13さい)からの答え
    とうこう日:2021年1月10日
  • すごい・・・!! はろはろ★ど〜も!杏ですっ♪
    すごいです・・・はじめの一文読んで引き込まれました!ここまで集中したのはじめてかも(笑)またかいてください!読みます(*≧∀≦*)
    じゃね♪( ´θ`)
    杏さん(宮城・12さい)からの答え
    とうこう日:2021年1月10日
[ まえへ ]  1  [ つぎへ ]
9件中 1 〜 9件を表示

相談に答える

相談の答えを書くときのルール
  • ニックネームから答えまで、全ての項目を書いてください。※絵文字は使えません。
  • 投稿できるのは5〜19さいです。
  • ニックネームにフルネーム(名字・名前の両方)が書かれた回答は紹介(しょうかい)できません。
  • 自分やお友だちの本当の名前、住所、電話番号、メールアドレスが書かれた相談は紹介できません。
  • 読んでいる人がいやな気持ちや、悲しい気持ちになるようなこと、お友だちを傷(きず)つけていると思えるものは書かないでください。
  • 送ってくれた相談・回答は全て、キッズ@nifty編集部が確認してから、紹介しています。キッズ@nifty編集部の判断で、一部を削除したり、紹介できない場合があります。(誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)ととられる内容、他のホームページへのリンクなど)
  • 夜11時〜朝6時までの投稿は受け付けていません。
  • 掲載された相談・回答投稿の削除の依頼をいただく場合がありますが、キッズなんでも相談では、利用にあたり会員登録などを行っていません。投稿されたユーザーの個人を判断することが出来ないため、削除依頼には対応することは出来ません。
短編小説への回答を書くときのルール
  • 「短編小説」カテゴリへの回答には小説を読んで、感動したことや、感想を書いてください。小説や書いてくれた人への悪口、小説と関係ない内容が書かれている場合は公開しません。
  • 投稿文章内の誤字(ごじ)の指摘は回答として公開しません。

ニックネーム

  • 20字まで

せいべつ

   

ねんれい

  • 投稿できるのは5〜19さいです。

都道府県(とどうふけん)

アイコン

           
           

答えのタイトル

  • 20字まで

答え

  • 500字まで
※23:00〜6:00は回答の投稿はできません
※23:00〜6:00は相談の投稿はできません
実施中のアンケート
  • 調査アンケート:推し

    アンケート実施期間:〜7月12日まで

  • 調査アンケート:ネッ友

    アンケート実施期間:〜7月6日まで

カテゴリごとの新着相談
おうちの人とつくろう!わが家のインターネットルール
ひよりんSNSはじめました!
知ってほしい、みんなの権利。聞かせてほしい、きみの声。:Yahoo!きっず
トップへもどる
お問い合わせ おうちの方へ
(c)NIFTY Corporation