トップへもどる
キッズ@niftyの外 アット・ニフティの他のページ 有償サイト マークのせつめい
夏の恋する少女譚。 「やっぱり、無理だとは思うよ?」
ある夏の日の昼下がり。
私、彩坂亜梨沙(あやさかありさ)の親友である朱寧(あかね)はそう言った。
蛍光ペンの様に眩しい日差しの下、片思い中の私は朱寧に恋愛相談中なのだ。
「…そうだよね〜。」
はぁ、と息をつき、私は頷く。
私が今好きな相手は、同クラスの高梨くん。
容姿端麗で、運動神経も良い。
そんな彼はもちろんモテる。
今はクラスの明るい系女子の向葵(あおい)との噂が立っている。
「向葵には敵わないと思うよ?多分両思いっぽいし」
朱寧は本当のことを淡々と述べた。
分かっている。
私が向葵とは容姿を含め比べものにならないくらい劣っているということなんて。
私は、冷静な朱寧に尋ねた。
「告白しても望みはないよね。アッサリ振られて終わり…だよね?」
朱寧は頷いた。
「まぁ、そうなるかな。あたしには高梨くんの気持ちなんて分からないけど。」
「うん…」
「まぁ、頑張ってみたら?ちょっとは望みあるかもだし、伝えずに後悔するよりはスッキリすると思う。
でも、向葵が高梨くん好きなのはほぼ確定だから、告るのに先客はいるかもね」
さすが恋愛経験豊富な朱寧。
言うことが的確だ。
「ありがと…、ごめんね?いきなり呼んじゃって」
「ううん、良いの良いの!応援してるから。頑張んなよ、亜梨沙」
「うん!」
まだ、私たちの学校は夏休みではない。
今日は休日だったが、明日からはまた登校だ。
告白なんてまだ出来ないけど、頑張ろう。
そう思い、私は手にしていたペットボトルの残り少ない水を一気に飲み干した。

翌日。
教室に入ると高梨くんは向葵と話していた。
やっぱり、仲良いのかな。
なんでだろう、分かっていたのに少し心が痛む。
その二人の会話内容は聞こえないけれど、聞く気にもなれなかった。
やっぱり私には、高嶺の花なんだ…。

それから、一週間。
自分は高梨くんのことが好きだと自覚してから二ヶ月。
そして、朱寧に相談してから二週間が経った。
あと一週間で夏休みが始まり学校では会えなくなるのに、発展ゼロ。
まぁ当たり前だよね…
私は恋愛経験0なんだから。
恋が叶う筈ない。

それからも発展はなし。
話しかけることも叶わずに、時間だけが過ぎていく。
そんなある日。
夏休み前最終日の放課後。
私は本を借りに図書室にいた。
もうみんな借りたのだろう、ほぼ人はいない。
いても、他の学年やクラスの人だけだ。
「はぁ…」
憂鬱になり、ため息ももらしたその時。
「…彩坂?」
「!?」
まさか、この声。
「高梨くん!?な、なんで?」
「声大きい。…本見に来ただけ」
凄い偶然だ。
恋愛漫画だとこの後にヒロインが『踊り場まで来て!』と伝えて告白するパターンだ。
でも、これは現実。
そんなことは出来ない。
だから、聞きたいことだけを聞く。
近くに人がいないのを確認してから。
「向葵のこと好きなの…?」
高梨くんが目を丸くする。
やっぱり、好き…なのか。
そう思い少し悲しくなったが、高梨くんは首を振った。
「そんな訳ないだろ。席が近かったからよく話してただけ。なんか噂がたってたけど、俺は小町に恋愛感情は抱いていない」
「…そ、そう…なんだ」
なんでだろう、安心した。
まぁ、いくらそうでも他に好きな人がいる筈。
私の恋は、叶うはずがない。
そんなことを自分に言い聞かせていた時、高梨くんは少し離れた場所でこう言った。
「噂は本当になりやすい。」
そして…小さな声でこう続けたのだ。

「でも、本当になるなら、…彩坂とが良かった」

え。
まさか。
「え、えっと…高梨くん、今のって」
私と、両思いの噂に…?
「!!」
高梨くんはハッとして、慌ててこう続けた。
「べ、別に彩坂がす…っ、か、勘違いするなよ!?じゃ、じゃあな!」
いつの間にか私と高梨くん以外誰もいなくなっていた図書室のドアの前に立った高梨くんは、最後にこう言った。
「でも、彩坂のこと…嫌いじゃないから」
そして一人になった図書室に、私は立ち尽くす。
高梨くんは、本当に本当に、もしかしたら…。
すると、ほんのり暖かい風が窓から吹いてきて心まで暖かくなり、私は思わず微笑む。

夏休み明け、また高梨くんに会える日がなんだかとても楽しみになった気がした。 完
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは、作者のあおねこです!
恋愛ものを書いてみましたが長文ですね…。
読みにくかったらごめんなさい!
感想やアドバイス(辛口はお控え下さい)頂けると嬉しいです。
では!
あおねこさん(東京・12さい)からの相談
とうこう日:2020年8月14日みんなの答え:13件

※SNSボタンについて

この相談に答える
※23:00〜6:00は回答の投稿はできません

みんなの答え

[ まえへ ]  1 2  [ つぎへ ]
13件中 1 〜 10件を表示
  • あっおねっこさあーーーーん!!! 私の下の名前、ありさっていうのよ!!
    めちゃくちゃ嬉しい!!!やばい!!!
    名前出てきたとき、むふふ〜ってなった笑
    前にもあおねこさんの作品で、ありさっていう子出てきたけど、その時は言っちゃダメかなって思ってたから言えなかったけど!
    (たぶん出てきたと思うんだけど…違ったらごめん!)

    図書室での、ハッとした後の高梨くんが可愛すぎ…!!
    もう気持ちバレバレじゃない?
    夏休み明けが楽しみだなぁ
    どうなってるかなぁ…むふふふふ((だから気持ち悪いってば

    ほんとにあおねこさん好き!!
    オカルト系も恋愛系も両方大好き!!!
    次も楽しみにしてるねーー!!!
    ありぴーさん(愛知・12さい)からの答え
    とうこう日:2020年8月16日
  • 面白かった! 今回も面白かったです。

    私はこの作品が素晴らしいと思います。
    みー☆さん(埼玉・11さい)からの答え
    とうこう日:2020年8月16日
  • 面白い とても面白いですこれで恋愛の元気がもらえた人もたくさんいると思います‼️ 星空さん(長野・10さい)からの答え
    とうこう日:2020年8月16日
  • 無題 あおねこさんの作品はよく読ませてもらっています。
    少し、気になった点がありまして、書かせてもらいます。
    私の個人的意見ですので、嫌だったらスルーして下さい。

    ・『発展ゼロ』と『恋愛経験0』という部分がありますが、
    言い方を統一させた方が良いと思いました。

    ・高梨さんの部分だけ()が無かったです。
    簡単に読める名前なので良かったですが、
    もしも、難しい名前だと
    読者も困惑してしまう可能性があると思います。

    ・高梨さんが図書室に来た時の彩坂さんの心の声?です。
    『凄い偶然だ。
    恋愛漫画〜パターンだ。』という部分があります。
    ここは
    ≪凄い偶然。
    恋愛漫画〜パターンだよね。≫の方が良いと感じました。

    ・日時が変わる時なのですが、『翌日。』で終わらせ、
    改行するのではなく、
    『翌日、教室に入ると〜。』の方が良いと感じました。

    偉そうにすみません。
    あおねこさんが
    わざとそう表現した場合、本当に申し訳ないです。
    あと、改行の部分が、少し違和感の部分もありました。
    ですが、ストーリーは良いと思います。
    これからも頑張って下さい。
    ブルーさん(選択なし・11さい)からの答え
    とうこう日:2020年8月15日
  • めっちゃいいっす!!!!! めっちゃ良かったです!!!
    わたし、恋愛物は、よく読んでいて、ベタだな〜とか、思うコト、あったんですけど〜。あおねこさんのはベタでしたけど!(申し訳ありません!!!!!!!!!!!!!!!!!!!)ですけど!!めっちゃキュンキュンして、良かったです!!!

    そんじゃ、バイチャ!!
    なつみかんさん(選択なし・9さい)からの答え
    とうこう日:2020年8月15日
  • えっえっ? あおねこさん、天才?
    すごい文章が読みやすくて、何かと親近感が持てました!
    というかこの作品に辛口評価する人なんか世界中探してもいませんよ!
    (大袈裟すぎましたねw)
    めちゃくちゃ面白くて普通に本屋で売ってたら絶対買います(´ω`)//エヘ
    私も小説書いてるけどあおねこさんには全然勝てない…><
    あおねこって名前…可愛いですね♪
    ゆはさん(選択なし・11さい)からの答え
    とうこう日:2020年8月15日
  • ちょっと気になるところが………? カワセミです。読ませていただきました。
    素晴らしいと思います!最後少しはっきりしない高梨くんの感じがすごく気になって、続きが読みたくなりました!

    ただ、1つだけ個人的な意見を言わせていただきます。
    10行目の「向葵との噂が立っている」ですが、これはどういった意味での「噂」なのでしょうか。
    「両思いなんじゃない?」という噂が立っているのか。
    それとももっと別の意味で「仲が良くて、感じがいい」という意味なのか。
    それらのことを書いて、文をはっきりさせた方がいいのではと考えました。

    個人的な意見なので、スルーしても構いません(笑)。
    ちょっと辛口になって申し訳ございません。
    カワセミさん(選択なし・11さい)からの答え
    とうこう日:2020年8月15日
  • ごめんなさい ごめんなさい私には、読めない字がありました、感想は、面白そうな小説だなとおもいました。
    年下でごめんなさい。
    きめつのやいば好きさん(宮城・9さい)からの答え
    とうこう日:2020年8月15日
  • アドバイス! 展開がやはり早いので、もっとゆっくり展開しましょう。
    それと、もう少しオリジナリティーを出しましょう。
    蛍光ペンとかは良いですが、もう少し風景描写をはっきり!
    アミールルさん(千葉・14さい)からの答え
    とうこう日:2020年8月15日
  • 作品の描写がいいです。 綺麗な男子をみてると,やっぱり彼女の事が気になってしまって仕方ないです。可愛い美大の男子なんかよくあります。こっそりメールアドレスを覗いて…。やっぱりその人の身近なやり取りが気になります。 華麗な巫女さん(選択なし・12さい)からの答え
    とうこう日:2020年8月15日
[ まえへ ]  1 2  [ つぎへ ]
13件中 1 〜 10件を表示

相談に答える

相談の答えを書くときのルール
  • ニックネームから答えまで、全ての項目を書いてください。※絵文字は使えません。
  • ニックネームにフルネーム(名字・名前の両方)が書かれた回答は紹介(しょうかい)できません。
  • 読んでいる人がいやな気持ちや、悲しい気持ちになるようなこと、お友だちを傷(きず)つけていると思えるものは書かないでください。
  • 自分やお友だちの本当の名前、住所、電話番号、メールアドレスなどは書かないでください。
  • 送ってくれた回答は全て、キッズ@nifty編集部(へんしゅうぶ)が確認(かくにん)してから、紹介します。キッズ@nifty編集部の判断で、一部を削除しての紹介や、紹介できない場合などがあります。(誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)ととられる内容、他のホームページへのリンクなど)
  • 夜11時〜朝6時までの「相談の答え」の投稿は受け付けていません。
  • 掲載された回答投稿の削除の依頼をいただく場合がありますが、キッズなんでも相談では、利用にあたり会員登録などを行っていません。投稿されたユーザーの個人を判断することが出来ないため、削除依頼には対応することは出来ません。
短編小説への回答を書くときのルール
  • 「短編小説」カテゴリへの回答には小説を読んで、感動したことや、感想を書いてください。小説や書いてくれた人への悪口、小説と関係ない内容が書かれている場合は公開しません。
  • 投稿文章内の誤字(ごじ)の指摘は回答として公開しません。

ニックネーム

  • 20字まで

せいべつ

   

ねんれい

都道府県(とどうふけん)

アイコン

           
           

答えのタイトル

  • 20字まで

答え

  • 500字まで
※23:00〜6:00は回答の投稿はできません
※23:00〜6:00は相談の投稿はできません
カテゴリごとの新着相談
知ってほしい、みんなの権利。聞かせてほしい、きみの声。:Yahoo!きっず
おうちの人とつくろう!わが家のインターネットルール
短編小説投稿について
トップへもどる
お問い合わせ おうちの方へ
(c)NIFTY Corporation